初めての外注

初めての外注

2015.2.27

今日は、僕が初めて外注した時の

話をしようと思います。

 

外注化についての質問をよくいただくのですが、

それらを大きく二つに分けると、

「外注の方法がわからない」

「外注が上手くいかない」

のどちらかになります。

 

「外注の方法がわからない」

という方にとっては、

今日の話は参考になるのではないかと思います。

 

 

 

僕が初めて外注した時は、

自動化とかそういうことを

考えてたわけではありませんでした。

 

ただその時に必要だったから

外注しただけに過ぎなかったのです。

 

それが一体いつだったのかと言うと、

ebayのリミットアップの時でした。

 

 

ebayのリミットアップに

初めて挑戦した時、

僕はまずネットで情報を探しました。

 

「英語で電話!?絶対無理...

あれ?メールでも出来るのか!」

 

ということで、ebayにメール送信。

 

...無視。

 

文章が悪かったのかと思い、

修正してもう一度送信。

 

...見事に無視。

 

さすがebay(笑)

 

 

電話することを決断し、

ネットの情報を駆使して

半日ぐらいかけてマニュアルを作って、

勇気を振り絞って電話をかける。

 

...見事に撃沈。

 

一時間以上粘りましたが、

英語が全く聞き取れないので、

マニュアルなんか

何の意味もありませんでした。

 

 

仕方なく通訳さんを雇って、

Skype三者間通話で

リミットアップすることに決めました。

 

全く方法がわかりませんでしたが、

@sohoにあった類似案件を

真似して募集してみると、

報酬500円の案件にも関わらず、

すぐに数人からの応募がありました。

 

一番反応の早かった方を採用して、

次の日にリミットアップに再挑戦しました。

 

10~15分であっさりとリミットアップ完了!

 

...SOHOさんって凄いです(笑)

 

その後も、同じSOHOさんに

毎月リミットアップの通訳をお願いするようになり、

外注の一連の流れを覚えることが出来ました。

 

 

一度経験すると、

後はなんの抵抗もなくなりますので、

外注の方法がわからない、

という悩みは消え去ります。

 

外注する作業というのは、

「自分ではやるべきではない作業」

「自分では出来ない作業」

の二つがあります。

 

やるべきではない作業というのは、

自分でも出来る作業ということなので、

どうしても自分でやりがちになってしまいます。

 

自分では出来ないことに

無理矢理にでもチャレンジして、

外注せざるを得ない状況にしてください。

 

 

とにかく大切なことは、

一度経験してしまうことと、

出来るだけ早く経験することです。

 

外注化を覚えることで、

間違いなく視野が広がりますので、

ぜひ挑戦してみてください‼

無料メルマガ登録

【半田真の海外輸出メルマガ】
後発組でも確実に稼げるようになるノウハウを包み隠さず公開します!

名前
メールアドレス

プロフィール

半田 真

Makoto Handa

1990年生まれ、大阪府出身。
夢は、『一秒でも長く大切な人の側にいること』
その夢を叶えるために起業を決意。

2012年、ebay輸出ビジネスを開始。
2013年、安定して稼げるようになり、作業を完全外注化。
2014年、Amazon輸出ビジネスを開始。Amazon輸出では、後発組にも関わらず開始3ヶ月で月収100万円を突破。

現在も、夢を叶えるために日々全力でビジネスに取り組んでおります。
そして、ブログやメルマガを通じて輸出ビジネスの情報を発信していきますので、少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ一覧

アーカイブ

2017年1月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容