お客様の顔を想像しましょう

お客様の顔を想像しましょう

2015.3.30

本来、事業を行う際には、

どこの客層をターゲットにするのか

ということをしっかりと考える必要があります。

 

その客層に合わせた適切な策略を練るためです。

 

実感が湧かない方も多いと思いますので、

1つ例をあげてみます。

 

 

例えば、街中のコーヒーショップです。

スターバックスとドトールでは客層が全く違います。

 

男性の方はスターバックスの広告を見たことがありますか?

あまり目にすることありませんよね?

 

これはあなたが客層ではないということです。

 

スターバックスは主に30、40代の主婦の方が

読むような雑誌に広告を出しています。

 

時間に余裕があり、

お茶をするためにある程度お金を出せて、

ちょっとした高級感を味わいたい、

という客層です。

 

ですので、あの店内の雰囲気、

あの価格、あの商品の提供速度という訳です。

 

 

その点、ドトールはどうでしょうか。

 

店内はあまりゆっくり出来る雰囲気ではなく、

商品提供のスピードが早く、価格も抑えられています。

 

それは、サラリーマンがメインの客層で、

回転率を考えているためです。

 

ですので、オフィスに広告が入るようになっているのです。

 

 

こんな風にコーヒーショップひとつとっても、

これだけ客層を意識して事業を行っているのです。

 

逆を言うと、客層を意識出来ていない事業は

潰れるといっても過言ではありません。

 

それにも拘らず、大量無在庫販売を行っていると、

そんなことは一切考えなくなってしまいます。

 

そもそも考える必要がないからです。

 

しかし、専門店化する際や、

ネットショップを展開する際には、

その考えを改める必要があるのです。

 

ショップデザイン、商品説明、配送期間、

どれも客層に最適なものがあり、

たった1つの要素で、新規顧客獲得数、

リピート率、顧客単価などに影響するのです。

 

ですので、お客様の顔まで想像するぐらい、

どの客層をターゲットにするのか、

ということを日頃から強く意識するようにしましょう!

無料メルマガ登録

【半田真の海外輸出メルマガ】
後発組でも確実に稼げるようになるノウハウを包み隠さず公開します!

名前
メールアドレス

プロフィール

半田 真

Makoto Handa

1990年生まれ、大阪府出身。
夢は、『一秒でも長く大切な人の側にいること』
その夢を叶えるために起業を決意。

2012年、ebay輸出ビジネスを開始。
2013年、安定して稼げるようになり、作業を完全外注化。
2014年、Amazon輸出ビジネスを開始。Amazon輸出では、後発組にも関わらず開始3ヶ月で月収100万円を突破。

現在も、夢を叶えるために日々全力でビジネスに取り組んでおります。
そして、ブログやメルマガを通じて輸出ビジネスの情報を発信していきますので、少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ一覧

アーカイブ

2016年12月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容