大量出品を安全に行うために Part3

大量出品を安全に行うために Part3

2015.4.19

昨日、一昨日の記事で、

大量出品を安全に行うためのフィルタリング工程についての

おおまかな流れは理解していただけたと思います。

 

大量出品を安全に行うために

大量出品を安全に行うために Part2

 

ですので、今日は特に気をつけるべき商品について

少しまとめてお話ししたいと思います。

 

 

まず、「引火性液体」に類する商品では、

ペイント類と香水には要注意です。

 

キーワードの見つけ方は、既にお分かりですよね?

最初はとにかく危険性の高いキーワードは

全てNGワードとして取り扱うようにして下さい。

 

例えば、「液体」というところに目を付けて、

『ml』というキーワードをNGワードに追加するのもアリだと思います。

 

「引火性液体」に類する商品でなくても、

国際郵便の関係上、液体の商品はトラブルに繋がりやすい商品も多いので、

アリというより結構お勧めです。

 

 

次は、「可燃性物質」に類する商品です。

ここで注意したいのは、ZIPPOですね。

 

ZIPPOは大変人気のある商品ですし、こっそり送っている方も居るようですが、

日本郵便では取り扱うことを原則禁止されている商品になります。

 

日本郵便で送る方法は、フリントと呼ばれる発火石まで分解することです。

ということで、ZIPPOには気をつけるようにして下さい。

 

 

最後に、「腐食性物質」に類する商品では、

リチウムイオン電池に注意しなければいけません。

 

以前とは違い、リチウムイオン電池を搭載した商品(デジカメ、ゲーム機など)は、

国際郵便で取り扱うことが出来るようになりましたが、

それは「機器に搭載されている場合」に限ります。

 

つまり、機器に搭載されていない裸のバッテリーを

送ることは出来ないということです。

 

ですので、『リチウムイオン』や『バッテリー』というキーワードは元より、

容量単位である『mAh』もNGワードに追加することをお勧めします。

 

 

明日、「国際郵便として送れないもの」についてではなく

「Amazonで販売してはいけない商品」についてお話しして

このテーマを終わりにしたいと思いますので、

今から大量出品を行う予定の方は

ぜひ最後までチェックするようにして下さい!

無料メルマガ登録

【半田真の海外輸出メルマガ】
後発組でも確実に稼げるようになるノウハウを包み隠さず公開します!

名前
メールアドレス

プロフィール

半田 真

Makoto Handa

1990年生まれ、大阪府出身。
夢は、『一秒でも長く大切な人の側にいること』
その夢を叶えるために起業を決意。

2012年、ebay輸出ビジネスを開始。
2013年、安定して稼げるようになり、作業を完全外注化。
2014年、Amazon輸出ビジネスを開始。Amazon輸出では、後発組にも関わらず開始3ヶ月で月収100万円を突破。

現在も、夢を叶えるために日々全力でビジネスに取り組んでおります。
そして、ブログやメルマガを通じて輸出ビジネスの情報を発信していきますので、少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ一覧

アーカイブ

2016年12月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容