売上はコントロール出来る

売上はコントロール出来る

2015.3.3

以前、『Amazonで初月から確実に稼ぐことが出来る無在庫大量出品』

というテーマで、僕が実際に実践したノウハウを公開しました。

 

Part1 Amazon輸出は儲からない!?

Part2 Amazon輸出のリサーチ方法

Part3 ASINがないと始まらない

Part4 出品に必要な、もう一つのモノ

Part5 Amazon輸出の大きな欠点

Part6 Amazonのアカウントを守るために

Part7 これで初月から稼げます

 

このノウハウ通りに実践していただければ、

本当に初月から稼ぐことが出来るのですが、

いまいち商品が売れない、ということがあるかもしれません。

 

その場合、原因は間違いなく価格設定(送料設定)にあります。

 

 

僕は、『これで初月から稼げます』という記事の中で、

次のように述べました。

 

“ 出品して売れなければ、徐々に下げていく、

という流れで価格を変更していけば、

徐々に売れるようになってくるので、

適正価格がわかるようになっていきます。”

 

大量出品して売れないということは絶対にありませんので、

もしも売れない場合は、以下のように、繰り返し繰り返し、

価格調整を行ってみて下さい。

 

まず、最低利益額を500円で設定して売れないのであれば、

490円、480円と徐々に落としていく、

または、利益率を20%で設定して売れないのであれば、

19%、18%と徐々に落としていく、

こうすることで、どこかのポイントで急に売れるようになります。

 

そのなると次は、もう一段階下げる、もう一段階上げる、

例えば最低利益額が470円で売れ出したなら、

翌日は460円に下げてみるとか、

480円に上げてみるというテストをして、

売上の増減を確認してください。

 

曜日や天気、時期などの諸要因によって、

価格設定とは関係のない、売上の増減はありますが、

価格設定ひとつで、とてもわかりやすく反応してくれるので、

こういったテストを何度も繰り返すと、

段々と売上をコントロール出来るようになってきます。

 

自分の価格設定を見直す以前の問題として、

ライバルセラーの価格設定をチェックする必要がありますが、

ここについては、あまり詳しい説明は必要ないかと思います。

 

もし最安値付近のセラーと

同じぐらいの価格で販売出来ないのなら、

自分と何が違うのかを考えれば、自ずと答えが出るはずですので。

例えば、発送方法とかですね。

 

 

とにかく、まずノウハウ通りに大量出品をして、

売れなければおかしい、という状況を作る。

そして、価格設定のテストを繰り返し、

売上をコントロール出来るようにする。

 

これで、「売れなくて諦める」みたいなことはなくなりますので、

序盤はぜひこれを実践してみてください。

 

 

利益率を上げる、顧客単価を上げる等は、

後から考えればいい事ですので、

あまり深く考えずに実践していきましょう!

無料メルマガ登録

【半田真の海外輸出メルマガ】
後発組でも確実に稼げるようになるノウハウを包み隠さず公開します!

名前
メールアドレス

プロフィール

半田 真

Makoto Handa

1990年生まれ、大阪府出身。
夢は、『一秒でも長く大切な人の側にいること』
その夢を叶えるために起業を決意。

2012年、ebay輸出ビジネスを開始。
2013年、安定して稼げるようになり、作業を完全外注化。
2014年、Amazon輸出ビジネスを開始。Amazon輸出では、後発組にも関わらず開始3ヶ月で月収100万円を突破。

現在も、夢を叶えるために日々全力でビジネスに取り組んでおります。
そして、ブログやメルマガを通じて輸出ビジネスの情報を発信していきますので、少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ一覧

アーカイブ

2016年12月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容