トラブルの数を減らす

トラブルの数を減らす

2015.2.15

今日は昨日の話の続きです。

 

Amazon輸出スタート時の、

『アカウントステータスの悪化を防ぐ』ためには、

大きく分けて以下の2つの考え方がある、

というところまで昨日お話ししました。

 

『トラブルの数を減らす』

『トラブルの割合を減らす』

 

という2つです。

 

 

 

『トラブルの数を減らす』についてですが、

これは至極当たり前のことですね。

 

対策について考える前に、

トラブルの種類について理解する必要があります。

 

主なトラブルは以下の通りです。

 

・在庫切れ

・配送期間

・商品状態

・お客様からのクレーム

 

それでは、順番に対策を考えていきましょう。

 

 

 

まず、一つ目の在庫切れについては、

出品者数の少ない商品を出品しなければいいだけの話です。

 

出品者数が1とかの商品を出品するのは、

完全に自殺行為なので絶対にやめて下さい。

 

無茶さえしなければ、在庫切れなんてまず起こるものではありませんが、

万が一のことも考え、取引数/評価数が増えるまでは、

念の為に出品数を1に設定することも対策のひとつですね。

 

 

 

次に、二つ目の配送期間については、

利益を削ってでも、とにかく早く送るということです。

 

最初の方の取引を、全てEMSにするという話もよく聞きますが、

おすすめの方法はStandrad Shippingに航空便を使うことで、

僕はこの方法で十分だと考えています。

 

 

 

そして、三つ目の商品状態については、

梱包に最善の注意を払うことと、

破損しやすそうな商品は取り扱わないようにするということです。

 

梱包に関しては、重量の面は妥協して、

硬くて、商品にぴったりのサイズよりも一回り大きい、

ダンボールを使うことをおすすめします。

 

破損しやすそうな商品については、

属するカテゴリーごと出品対象から外すようにしてください。

 

 

 

最後に、四つ目のお客様からのクレームについてですが、

これは、こちらには否がないクレームと考えて下さい。

 

まず取引数/評価数が増える前の、

クレームになりやすそうな商品の出品を避けるようにしましょう。

 

輸出特有のものですが、電圧や言語など、

お客様にとって使用が困難になる可能性のある商品は、

最初の方は出品しないほうが得策です。

 

そして、クレームをつけられた際には、

お客様の希望通りに対応するようにしてください。

 

ベストはお客様の希望+αです。

 

どんな不条理なことであっても、常に平常心を保ち、

絶対に熱くならないようにして下さい。

 

一時の小さなお金より、将来の大きなお金を考えるようにすれば、

冷静に判断できるはずです。

 

それに、お客様にも否がない可能性もありますので、

日本人として恥ずかしくない対応を心掛けるべきです。

 

 

 

『トラブルの割合を減らす』についても、

本日話そうと思っていたのですが、

長くなってきたので、明日に持ち越したいと思います。

 

初心者の方は引き続きチェックするようにして下さいね!

無料メルマガ登録

【半田真の海外輸出メルマガ】
後発組でも確実に稼げるようになるノウハウを包み隠さず公開します!

名前
メールアドレス

プロフィール

半田 真

Makoto Handa

1990年生まれ、大阪府出身。
夢は、『一秒でも長く大切な人の側にいること』
その夢を叶えるために起業を決意。

2012年、ebay輸出ビジネスを開始。
2013年、安定して稼げるようになり、作業を完全外注化。
2014年、Amazon輸出ビジネスを開始。Amazon輸出では、後発組にも関わらず開始3ヶ月で月収100万円を突破。

現在も、夢を叶えるために日々全力でビジネスに取り組んでおります。
そして、ブログやメルマガを通じて輸出ビジネスの情報を発信していきますので、少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ一覧

アーカイブ

2016年12月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容