トラブルの割合を減らす

トラブルの割合を減らす

2015.2.16

昨日は『アカウントステータスの悪化を防ぐ』方法のひとつである、

トラブルの数を減らす方法についてお話ししました。

 

そして今日は、

『トラブルの割合を減らす』方法についてをお話しします。

 

トラブルの数を減らすということに関しては、

大体の方が意識出来ているのですが、

トラブルの割合を減らすということになると、

どうも意識できていない方が多いように感じます。

 

説明の前に、

このテーマの最初の記事をもう一度確認して下さい。

スタート時に気をつけるべき事

 

この記事の中で、

“”要するに、割合の問題です。

取引数に対して、どれくらいのトラブルが発生しているのか、

という割合でアカウントの状態を判断されています””

と言いました。

 

つまり、

 

アカウントステータスの悪化=トラブル数/取引数

 

と、なるわけです。

 

この数値が小さければ小さいだけ、

アカウントステータスの悪化を防ぐことに繋がります。

 

トラブルの数を減らすということは、

この数式の「分子」の部分を小さくする行為に当たります。

 

そして、数値を小さくするもうひとつの方法というのが、

「分母」を大きくする、つまり取引数を増やすということです。

 

これが『トラブルの割合を減らす』という考え方の対策です。

 

取引数を増やす方法は非常にシンプルで、

商品単価の安いものを中心に取り扱い、

利益を多少削ってでも安い価格で商品を販売することです。

 

それと、僕はやっていませんが資金に余裕があるのであれば、

一定の取引数を確保するまではFBA販売を行うという選択肢もあります。

 

結局は、トラブルの数を減らすという考え方も、

トラブルの割合を減らすということにつながるのですが、

 

今回、僕が敢えて分けて説明したのは、

それぞれを個別に意識して欲しかったからです。

 

あくまで、『トラブルの割合を減らす』という考え方ではなく、

『トラブルの数を減らす』、この考え方で最善を尽くして欲しいのです。

 

トラブルの割合を減らすという考え方は、

あくまでリスクヘッジと思って下さい。

 

『アカウントステータスの悪化を防ぐ』ことが出来れば、

Amazon輸出ならすぐに稼ぐことが出来るようになりますので、

スタート時には、この2つの考え方を常に意識して販売していきましょう!

無料メルマガ登録

【半田真の海外輸出メルマガ】
後発組でも確実に稼げるようになるノウハウを包み隠さず公開します!

名前
メールアドレス

プロフィール

半田 真

Makoto Handa

1990年生まれ、大阪府出身。
夢は、『一秒でも長く大切な人の側にいること』
その夢を叶えるために起業を決意。

2012年、ebay輸出ビジネスを開始。
2013年、安定して稼げるようになり、作業を完全外注化。
2014年、Amazon輸出ビジネスを開始。Amazon輸出では、後発組にも関わらず開始3ヶ月で月収100万円を突破。

現在も、夢を叶えるために日々全力でビジネスに取り組んでおります。
そして、ブログやメルマガを通じて輸出ビジネスの情報を発信していきますので、少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ一覧

アーカイブ

2016年12月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容